64 ビット Visual Basic for Applications の概要

By | 2016-12-19

私は社内の端末をハンドリングする立場にあるのですが、社内にはOSは統一されているものの、64ビット環境と32ビット環境が混在する状態になってきています。そこで気をつけたいのがインストールするofficeのバージョンです。

Office Proffesuional Plus 2016を例にとってみるとビットにより二つのバージョンが存在します。そしてOSが64bitの場合はどちらでもインストールが可能です。

・Office Proffesuional Plus 2016 32bit
・Office Proffesuional Plus 2016 64bit

もちろん64bitの方が基本的な面においてはポテンシャルが高く、扱えるデータ量もそのメモリに比例して大きくなっています。ですのでスタンドアローンで他のPCとの整合性をあまり考えなくとも良い場合は64bitのインストールをしておけばいいのですが、従来の32bit環境で開発したものを色々と使いまわしする際には注意が必要です。

具体的にはVBA内での変数の扱いも変わってきますので、注意する必要が出てきます。
下記リンクの一読をお勧めいたします。

64 ビット Visual Basic for Applications の概要
https://msdn.microsoft.com/library/gg264421.aspx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です